WiMAXから新しいモバイルルーター

「Speed Wi-Fi NEXT W05

が2,018年1月19日に発売されました。

HUAWEI製の機種としては、
W04以来およそ1年ぶりのモバイルWi-Fiルーターです。

通信速度が進化したモデルで性能的には優れます。

しかもWX04と違い2年プランでの利用も可能ということで注目されています。

WiMAXの従来機種WX04、W04と比較して

この機種は買いなのか、検証してきましょう!

ショーンくん

WiMAXの新しいモバイルWi-FiルーターのW05ってどうなんですか?

パーマーさんパーマーさん

機能的にも料金的にも悪くない機種だよ。
詳しく教えるよ。

 

W05の特徴、機能

観察

W05の特徴と機能について解説します。

基本的なことはWiMAXのWi-Fiルーターと変わらないので、
W05の特徴的な機能にだけ触れていきます。

最大通信速度が進化

W05の最大の特徴は

 

WiMAX最速の最大通信速度下り558Mbps

です。

これまでWiMAXのWi-Fiルーターはしばらく、
下り最大440Mbpsで止まってましたが、W05でついに進化しました。

これまでの機種にない256QAMという技術を搭載しているので、
さらに高速の通信が可能なのです。

W05通信方式W05の通信速度

さらにハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線も利用するモード)を使用すれば、一部のエリア限定ですが、

下り最大708Mbpsの通信まで可能です。

パーマーさんパーマーさん

708Mbpsが使えるのは、東京、名古屋、大阪の一部だけだけどね。

ショーンくん

そうなんですか。たぶん僕使わないな。

パーマーさんパーマーさん

とにかく新技術を搭載しているから、性能は高いよ。

 

Wi-Fi引っ越し機能

それまで使っていた別のWi-FiルーターのSSIDや暗号化キーなどの、
Wi-Fi接続情報をW05にコピーする機能です。

スマートフォンやパソコンなどのいくつものデバイスの設定を、
直さなくていい便利機能です。

たくさんの端末を使っている人には嬉しい機能ですね。

また友人などにWi-Fiを貸してあげたことがある場合、
再び教える手間もかかないといメリットがあります。

ショーンくん

友だちとかに、またパスワードを教えなくて済むのは良いですね。

パーマーさんパーマーさん

毎回教えてたら面倒だよね。

 

よりコンパクトになった

W05の先代モデルのW04もコンパクト設計で、
持ち運びのしやすいモデルだったのでした。

さらにW04よりも約1.5センチも薄くなり、
よりスリムで持ち運びのしやすいデザインに生まれ変わりました。

しかしバッテリー容量が小さくなった訳ではないので、良い進化です。

スペック

タブレットを操作

W05のスペックです。

UQ WiMAXの公式サイトには記載されていませんでしたが、
USB接続も可能です。
(説明書にはちゃんと書かれていました。)

製品名 Speed Wi-Fi NEXT W05
製造元 HUAWEI
対応ネットワーク
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE
質量 約131g
同梱物
  • USB2.0 TypeC-A変換ケーブル(試供品)
  • 取扱説明書
  • 保証書
外形寸法(mm) 約横130×縦55×厚さ12.6mm
バッテリー使用時間

連続通信時間

ハイスピードモード(WiMAX 2+)

  • ハイパフォーマンスモード:約6時間30分
  • ノーマルモード:約9時間
  • バッテリーセーブ:10時間30分

ハイスピードプラスモード(WiMAX2+、4G LTE)

  • ハイパフォーマンスモード:約4時間20分
  • ノーマルモード:約6時間30分
  • バッテリーセーブ:約9時間10分

連続待受

  • クイックアクセスモードOFF時:850時間
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)
アクセサリ(別売り)
  • クレードル
同時接続台数

13台(Wi-Fi10台、Bluetooth3台かUSB1台

本体色 ブラック×ライム
ホワイト×シルバー
 
 

WX04とW04と比較

5選

結局のところ、他の機種と何が違うのかが重要ですよね。

これまで最新機種だったWX04と、先代モデルのW04
の2つと比較して変わった部分をまとめました。

パーマーさんパーマーさん

やっぱり比較してみないとわからないよね。
他の新し機種と比較してみよう。

端末性能比較

  W05 WX04 W04
通信速度 508Mbps(708Mbps) 440Mbps 440Mbps
サイズ 130×55×12.6mm

111×62×13.3mm

30×53×14.2mm
 重さ 約131g 約128g 約140g
 バッテリー使用時間
(ハイスピードモード)
ノーマルモード
9時間
ノーマルモード
11.5時間
ノーマルモード
9時間
 クレードル機能

LANポート

LANポート
Wウィングアンテナ
ビームフォーミング機能
LANポート
契約期間

2年もしくは3年
(プロバイダによりけり)

ほとんどのプロバイダで
3年限定
2年3年両方

W05とWX04は結構違いがあります。

注目点は、通信時間、バッテリー使用時間、クレードル、契約期間ですね。

 

通信速度はW05が1番高性能です。

しかし問題なのは、モバイルWi-Fiルーターという部分です。

モバイルWi-Fiルーターだとどうしても、
最大通信速度よりも電波受信感度が重要になります。

ただ新技術を搭載しているので、1番通信性能が高いのは間違いありません。

 

ッテリー使用時間はWX04が高いです。

単純にバッテリー容量が大きいからなのですが、
本体サイズも大きくなにので、これはメリットと言えるでしょう。

 

クレードルの性能がWX04の最大のメリットですね。

外出先でしか使わないという人にとってはあまり関係ない話ですが、
自宅でもよく使う人は高性能なクレードルがあると便利です。

ショーンくん

通信性能はW05、バッテリーとクレードルはWX04、
契約期間はW05かW04、だね。

 

契約期間に大きな違いがあります。

プロバイダにもよりますが、W05は2年プランで契約できるところがあります。

最安のGMOとくとくBBでも、2年プランで利用可能です。

ほとんどのプロバイダで、WX04は3年プランでしか申込むことができません

3年プランで申し込めるとしたら、料金の高いUQ WiMAXくらいでしょうか。

W04はどこのプロバイダでも2年プラン3年プランどちらも選択可能です。

料金比較

結局1番気になるのはどれが1番安いかですよね。

結論としましては、
プロバイダによって違い、結局どれも同じくらいです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額を例にだすとこんな感じです。

  W05 WX04 W04
2年プラン 32,300円   33,100円
2年プラン(クレードルセット) 29,200円   30,100円
3年プラン 40,900円 40,900円 32,600円
3年プラン(クレードルセット 37,400円 37,400円 29,600円
パーマーさんパーマーさん

プランとプロバイダで全然違うからね。
人それぞれお得な機種が違う感じだね。

見たらわかると思いますが、それぞれ三者三様といった感じで、
どれが安いとも言えませんね。

プロバイダで選ぶか、機種で選ぶか、
自分に合ったプランを選べる機種を選んで良いと思います。

W05が1番安いプロバイダ

ランキング

W05を購入するならどこのプロバイダで申込むのが1番安いのでしょうか。

ランキングでまとめましたよ。

1位 GMOとくとくBB

2年プランも3年プランも申し込むことができて、
おまけに2年プランでも高額のキャッシュバックを受けることができます。

2位 カシモWiMAX

カシモWiMAXも2年プランでW05を申込むことができます。

キャッシュバックがなく月額料金はGMOとくとくBBよりも遥かに安いです。

キャッシュバックの受け取りを好まない人にはおすすめです。

しかしカシモWiMAXでは、W04の方が安い料金で提供されているので、
W04の方がおすすめです。

3位 BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEではW05は3年プラン限定で出されています。

キャッシュバックの受け取りが簡単で、口座振替可能というメリットがあります。

3年プランを望む人にはおすすめです。

パーマーさんパーマーさん

2年プランはGMOとくとくBB!
キャッシュバックなしならカシモWiMAX!
口座振替ならBIGLOBE!

 

まとめ

  • WiMAXの新しいモバイルWi-Fiルーターが2108年1月に発売された。
  • 最大通信速度が進化し、Wi-Fi引っ越し機能が新しく搭載。
  • W04と比較すると、よりコンパクトになったがバッテリー使用時間は変わらず、全体的に優れた性能。
  • WX04と比較すると、最大通信速度以外の性能は劣る。
  • GMOとくとくBB、カシモWiMAXなら2年プランでも契約可能。